TOP

風俗体験談のサイトです!管理人が大好きな風俗について更新中です!

エッチの極意を一つづつ

エクボがとても可愛い女の子がいました。名前は、真紀ちゃん。なんと19才のデリヘル嬢です。まさかこんなに可愛い娘がデリヘルで来るなんて想像すらもしていなかったのですがいざ眼の前にくるとその緊張の度合いも最高レベルにまでなってしまうものですよね。これはそれまで考えた事もなかったのですが、やはり男である以上、かわいい女の子には正直に反応してしまうようです。それだけ正直だと言う事でかえって評価が良くなってしまうのではないでしょうか。話は戻りますが、やっぱり若い娘っていいですよね。何と言っても肌の張りが違います。19才って事は去年まで学生で未成年だったと言うことなのですからね。こんな美味しい娘がデリヘルにいるって事は本当によい時代になったものだと有難く思います。ですから、大人の男として真紀ちゃんにエッチの極意を一つづつ丁寧に教えてあげたのです。これも又、たまらない快感。どうですか、若い娘の楽しみを分かって貰えましたか。

パイパンにしていたイメクラ嬢

前回イメクラに行ったとき、ディープスロートをしてくれたイメクラ嬢が気に入ったんで、今回も同じイメクラ嬢を指名して行ってきたんですよ。プレイルームでシャワーを1人で浴び、腰にタオルを巻いてベッドへ行くと「何で隠してるの?もしかしてチン毛を全剃りした?」と聞かれました。「ほらっ、剃ってないよ」とタオルを取ってアソコを見せたら、「本当だ、実は私が剃っていたんだよ〜」と言い、スカートを捲ってパイパンを披露してきたんですよ。その状態で割れ目を見せてもらいフェラチオしてもらいました。「綺麗な割れ目だね、見ているだけでも興奮しちゃうよ」と言ったら、「ありがと!もっといっぱい見て!見られると興奮して濡れちゃうよ」と。そこからはマン汁が溢れ出てきたマンコをクンニしながらのシックスナインでした。マン汁で濡れたパイパンは、女性の体の中で1番興奮するし、いつまで経っても飽きませんね。そしてディープスロートの口内射精で発射となりましたが、次回もパイパン嬢と遊びたいと思っています。

看板くらいは替えてほしい

抜きに行くか、飲みに行くかそれが問題だ。男なら抜くのが一番なのですけど、散々迷った挙句、ピンサロ行って抜いてから、ガ−ルズバーに行くことにしました。まさかの一挙両得作戦ですけど、ピンサロも安いしね、うまくいけば諭吉一枚でこなせますから。ということでピンサロで激しく抜いて腰が心地よくもけだるいなかで、ガールズバーのある雑居ビルを目指しました。同じ風俗街ですから、近いのですよ。とはいってもガールズバーは風俗でくくってはいけないと思うのですけどね。お触りができるわけではないし、女の子からの性的サービスがあるわけでもないし、ミニスカトップレスで踊り狂ってくれるわけでもなく、ですよ。それでもどこか卑猥な響きでもあるのでしょうか。ピンサロよりも健全ですからね。とはいってもガールズバーと書いてなければ卑猥な風俗と変わらないような看板がやっぱりまずいのかも。私もお店に入るのに周りの目を気にするときがありますから。